一生モノの結婚指輪は慎重に【未来を見据えた選び方】

リング

後悔しないためには

ハート

即決は禁物

結婚指輪というのは、婚約の時のそれとは違って、日常的に身につけたり目に触れたりすることが多いため、気に入ったものを選んでおきたいものです。そのため、どれでも良いなどと言わず、二人でしっかりと話し合って決めておくのが大切です。男性だと特に、結婚指輪のブランドについて知識がない場合が多く、どれにしたら良いのかわからないというのなら、まずは銀座に行ってみるのがおすすめです。銀座ならたくさんのブランドの正規店舗が揃っているので、順番に見て話を聞いておくと良いのですが、中にはせっかく銀座に来たのだからと、必ず何かを買わなければならないと焦ってしまったり、まして銀座は敷居が高い、などと尻込みをする場合もあるようですが、そんなことは気にせず、肩の力を抜いてじっくりと探していきましょう。

二人だけのものにする

長年連れ添った夫婦ほど、結婚指輪をしていることが普通になってしまうものなのですが、いつまでも出会った時のことを忘れないためのアイテムにすることもできるのです。そのため、今も昔も結婚指輪の内側に、刻印をする人が多いようです。例えばパートナーと自分のイニシャルだったり、結婚記念日、何らかのメッセージを刻む人などもいます。お気に入りのブランド店が決まったら、そのようなオーダーにも対応してもらえるのかを問い合わせておきましょう。それから、年齢を重ねると、痩せたり太ったりして、結婚指輪が緩くなったり入らなくなるということもあるで、サイズの直しや、破損した場合の修理もお願いできるか聞いておくと、いざという時に安心です。