一生モノの結婚指輪は慎重に【未来を見据えた選び方】

リング

毎日身につける結婚の証

男女

フォーマルでもOK

結婚したら毎日身につける結婚指輪は様々なブランドから発売されています。世界的に有名なハイブランドもあれば、好きなデザインをオーダーできるハンドメイドのブランドまでたくさんあり、二人でお好きなものを選ぶことができます。結婚指輪はアクセサリーの中でも特別な意味があります。男性のアクセサリーは相応しくない職種は多くありますが、この結婚指輪だけは営業職の男性でも堂々と身につけることができます。結婚指輪をしていることで信頼がアップするなど好印象に繋がることもあるでしょう。葬儀や法事などのブラックフォーマルの場では男女共に身につけられるアクセサリーには制限がありますが、結婚指輪は着けることができます。このように、結婚指輪は他のアクセサリーとは違った扱いを受けているのです。

型にはまらない選び方

結婚指輪はかつては男女同じデザインでプラチナなどの銀色のシンプルな指輪が一般的でした。しかし、様々なブランドのお店に結婚指輪を見て回ると分かるように、男女で違うデザインでペアリングとして販売されているものも多くあるのです。男性用はシンプルなデザイン、女性用はダイヤが埋め込まれた華やかなデザインも人気があります。フルエタニティやハーフエタニティなども多くあります。また、色も男性用はプラチナで女性用はゴールドやコンビなど違うものを選ぶこともできます。ハワイアンジュエリーのように全体に装飾が入った結婚指輪もあり、現代ではプラチナ系のシンプルなデザインに限らず、自由に好きなデザインを選ぶことが可能なのです。